湘南ベルマーレ、2016七夕記念ユニフォームは“星座”!一般販売も開始

1stステージ16位で終え、2ndステージの巻き返しにかける湘南ベルマーレ。第1節となる本日2日は、神奈川勢による「SKYシリーズ」で横浜F・マリノスとのホームゲームに臨む。

そして、7月といえば七夕!本日の試合から湘南は毎年恒例の「七夕記念ユニフォーム」を着用する。

Shonan Bellmare 2016 Penalty ‘Tanabata’

湘南ベルマーレ七夕ユニフォーム

湘南の七夕ユニは、日本三大七夕祭りともいわれる「湘南ひらつか七夕まつり」を盛り上げるべく、2007年に初めて着用。今年で10シーズン目を迎えた定番の“夏ユニ”である。

湘南ベルマーレ七夕ユニフォーム

2016モデルは黒を基調としており、漆黒の夜空で緑に輝く数多の星座を配したデザイン。クラブエンブレムの近くには七夕伝説の主役である“織姫星”(琴座のベガ)と“彦星”(わし座のアルタイル)が、ひと際目立つフラッシュイエローでプリントされている。

湘南ベルマーレ七夕ユニフォーム

湘南ベルマーレ七夕ユニフォーム

GKユニフォームはフラッシュグリーンに黒をかけ合わせた、七夕らしいカラーリング。星座は200年前の古星図をもとに描かれているようだ。