SAMURAI BLUE、初代表の中島選手の得点でマリとドロー

SAMURAI BLUE、初代表の中島選手の得点でマリとドロー

SAMURAI BLUE(日本代表)は3月23日(金)、ベルギーのリエージュにあるスタッド・モーリス・デユフランで行われた国際親善試合でマリ代表と対戦。途中出場で代表デビューしたFW中島翔哉選手(ポルティモネンセSC)の終了間際の得点で、1-1で引き分けました。

今年6月に開幕するFIFAワールドカップロシアへ向けたチーム強化とメンバー選考を進めている日本は、グループステージで対戦するセネガルを想定したマリとの手合せで、新たな選手や組み合わせなどをチェックしました。

この日30歳の誕生日を迎えて代表初キャップ獲得のDF宇賀神友弥選手(浦和レッズ)を右サイドバック、センターバックにDF昌子源選手(鹿島アントラーズ)とDF槙野智章選手(浦和レッズ)を組ませ、昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権で代表デビューしたGK中村航輔選手(柏レイソル)を先発に起用。攻撃陣には所属クラブで好調のMF森岡亮太選手(RSCアンデルレヒト)とFW宇佐美貴史選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)をそれぞれトップ下と左ウィングに置き、右ウィングにはFW久保裕也選手(KAAヘント)、1トップにFW大迫勇也選手を配しました。

前半、日本は守備ラインを高くキープして攻め、MF大島僚太選手(川崎フロンターレ)とMF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)が中盤でよくボールをさばき、宇佐美選手と久保選手の両翼と絡んで得点チャンスを作り出します。

11分には宇佐美選手の相手守備ライン裏へのクロスに久保選手が走り込んで右足でゴールを狙いますが、シュートはポスト外へ流れます。23分には宇賀神選手のクロスをクリアした相手DFのボールを久保選手が拾ってパスを出すと、これを受けた大島選手が右足でシュート。さらに25分には宇佐美選手のCKに久保選手がヘディングで狙いますが、いずれも相手に阻まれました。

ところがその後、大島選手が足を痛め、35分にMF山口蛍選手(セレッソ大阪)との交代を余儀なくされます。

マリは、3位に入った2015年のFIFA U-20ワールドカップのメンバーらを先発に4人加えた若手中心のチームで、細かいパスをつなぐサッカーで日本の守備陣の間のスペースを狙って攻めると、42分にはFWムッサ・ジェネポ選手が宇賀神選手に倒されてPKを獲得。これをFWアブドゥライ・ディアビ選手が決めて、前半を1-0リードで折り返しました。

日本は後半から、宇賀神選手に変えてDF酒井高徳選手を投入。60分には宇佐美選手に代えて中島選手、長谷部選手に代えてMF三竿健斗選手(鹿島アントラーズ)を送り出し、その5分後には森岡選手に代えてFW小林悠選手(川崎フロンターレ)、70分には久保選手に代えてFW本田圭佑選手(CFパチューカ)を交代で起用。しかし、なかなか効果的な攻撃を作り出せません。

それでも85分には、中島選手がドリブルで仕掛けます。そして後半アディショナルタイムに同点にします。小林選手のシュートを相手DFがクリア。それを拾った三竿選手が右からクロスを入れると、ファーサイドに顔を出した中島選手が左足で合わせてゴールネットを揺らしました。

日本は3月27日(火)に同じ会場で行われるキリンチャレンジカップ2018 in EUROPEでウクライナ代表と対戦します。

監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
同点に追いついたのはチームが諦めなかったということなので、ポジティブに捉えることができます。さらに得点を獲れる機会は5、6回ありました。相手はPKを得ましたが、PKを与えたのは少し未熟なプレーでした。選手は最後までオーガナイズを保ったまましっかりやってくれましたが。

まだまだやるべきことがたくさんある、それもかなりたくさんあると感じました。全てにおいてです。今日は多くの選手をテストしましたが、まだ分析したくありません。多くの選手にチャンスを与えて解決策を探している段階です。情報はたくさん得ましたが、ポジティブなものばかりではありませんでした。トレーニングを続けるしかありません。私が望んでいるワールドカップのチームにはほど遠く、ワールドカップはまだまだ遠いと感じました。セネガルの方がマリよりもずっと強いです。日本人はアフリカ勢と対戦するとデュエルが難しいことが分かりました。より速く強く対応しなければ、相手の方が上回ってしまいます。まだアフリカチームと対戦する機会があるので、そこでさらにテストしていきたいと思っています。

DF #5 長友佑都 選手(ガラタサライ)
今日の試合ではワールドカップで勝つのは厳しいですね。(対戦する)セネガル、コロンビア、ポーランドは全てのレベルが違うので、ここで苦戦していると、ワールドカップでは本当に厳しい結果になるのではないかと思います。攻撃の組み立てが単調になり過ぎて、後半は相手が守りやすい状態を自分たちで作ってしまっていました。ポジションチェンジや工夫が必要です。ワールドカップでは相手のレベルが違うので、試合中に修正できなければ厳しいです。今日出た課題をチームで修正すべきだと感じました。

MF #26 三竿健斗 選手(鹿島アントラーズ)
得点場面は中島選手のことは見えてはいなかったのですが、誰かしらがいるというイメージで蹴りました。自分にできることをやろうとしたのですが、球際は足りなかったと思います。アフリカの選手はドリブルのリズムが全然違って、途中から慣れてプレーできるようになりましたが、本大会はレベルが違います。このままでは何も通用しません。もっとレベルを上げていかなければならないと感じました。

FW #18 中島翔哉 選手(ポルティモネンセSC)
(ゴール場面で)あそこの位置に入って行くのは、自分もポルトガルでやっている中でも思っていたことなので、ここに来て成長というか、進歩した部分です。ただ、続けなければなりません。監督からはどんどん前に行ってドリブルでもパスでも仕掛けろと言われていたので、なるべくボールを受けて、監督の求めることをやりつつ、状況を見ながらプレーできればと考えていました。初めての代表戦でしたが、相手も上手い部分がかなりあったので、面白かったです。これからもっといろいろな部分で良くなると思います。

モハメド・マガッスバ マリ代表監督
今日の試合は我々にとって非常に難しい試合でした。このチームでは相手を欺くようなプレーをするのは難しく、日本はフィジカルでもとても強かったので、勝てる試合だったとは思いますが、これもフットボールです。日本に最後の最後に同点にされましたが、日本のような素晴らしいチームとの引き分けで、誇れる結果です。

スケジュール

3月19日(月) PM トレーニング
3月20日(火) PM トレーニング
3月21日(水) PM トレーニング
3月22日(木) PM 公式練習
3月23日(金) 1-1 国際親善試合 vs マリ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)
3月24日(土) AM トレーニング
3月25日(日) PM トレーニング
3月26日(月) PM 公式練習
3月27日(火) 14:20 キリンチャレンジカップ 2018 in EUROPE
vs ウクライナ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合

SAMURAI BLUE vs マリ代表
2018/3/23(金) 現地時間 13:20 (日本時間 21:20) キックオフ(予定)
ベルギー/スタッド・モーリス・デュフラン
テレビ朝日系列にて全国生放送

 

日本代表、井手口の劇的ゴールで北朝鮮を撃破!デビュー戦のGK中村が好セーブ連発/E-1選手権

■E-1第1戦 日本 1-0 北朝鮮

日本:井手口(90+4分)
北朝鮮:なし

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会の男子が9日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は第1戦で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦した。試合は日本が1-0で北朝鮮を下した。日本は12日に第2戦で中国代表と対戦する。

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に出場する日本。本大会開幕まで7カ月に迫った中、2017年の最終戦としてE-1選手権に臨む。東アジアの4カ国で行われる今大会には、日本、韓国、中国、北朝鮮が参加。国際Aマッチ期間ではないため、日本は国内組のみが参加する。これまで出場機会が多くなかった選手たちにとっては、W杯メンバー入りへのラストチャンスとなる大会だ。

日本の先発メンバーは、GK中村航輔、DF室屋成、昌子源、谷口彰悟、車屋紳太郎、MF今野泰幸、井手口陽介、小林悠、髙萩洋次郎、倉田秋、FW金崎夢生の11名となった。中村、室屋にとっては日本代表デビューとなった。また、北朝鮮のスタメンにはJリーグからMFリ・ヨンジ(李栄直/カマタマーレ讃岐)が名を連ね、アン・ビョンジュン(安柄俊/ロアッソ熊本)、キム・ソンギ(金聖基/FC町田ゼルビア)がベンチスタートとなった。

最初のチャンスは日本。15分、今野がスルーパスを送ると、金崎がヒールでフリックしたボールを左サイドの倉田が最終ラインの裏で受けた。倉田がGKと一対一となり右足でゴールネットを揺らしたが、ここはオフサイドの判定で得点は認められなかった。

なかなか決定機を生み出せない日本に対し、北朝鮮がセットプレーからチャンスを作る。25分、FKのセカンドボールを拾ったリ・ヨンジがミドルシュート。ゴール前のチョン・イルグァンがコースを変えるシュートを放ったが、ここはGK中村がなんとか防いだ。さらに27分にも中村が立て続けに好セーブを披露し、ピンチをしのいだ。日本はこのまま決定機を作れずに前半終了のホイッスルを迎えた。

後半に入ってもボールを保持する日本に対し、北朝鮮が少ない手数でゴールに迫る。53分、左サイドを突破したチョン・イルグァンがゴールライン際からクロスを上げる。ニアにパク・ミョンソンが飛び込んだが、ここは左ポストを直撃してゴールとはならなかった。

日本は56分に髙萩を下げて伊東純也を投入。伊東にとっては日本代表デビュー戦となった。

その後は北朝鮮の波状攻撃が続く。70分、パク・ミョンソンが車屋に競り勝ってボールを落とすと、チョン・イルグァンからリターンを受けてペナルティエリア内に進入。再びビッグチャンスを迎えたが、シュートはまさかの枠の上。失点を免れた。

日本は71分に金崎を下げて川又堅碁、81分には倉田を下げて阿部浩之を投入した。阿部もこの試合で日本代表デビューとなった。直後の83分、再び北朝鮮に決定機。チョン・イルグァンがハーフボレーでシュートを狙ったが、ここもGK中村がビッグセーブでしのいだ。

日本は後半アディショナルタイム1分に決定機。左サイドの車屋がクロスを上げると川又が頭で合わせたが、ここはGKリ・ミョングクに弾かれてしまう。

このまま終了かと思われた後半アディショナルタイム4分、カウンターから左サイドの川又がクロスを上げる。これを今野が頭で落とすと、走り込んだ井手口がボレーシュート。これがゴール中央に決まり、日本がラストワンプレーで先制に成功した。このまま試合は1-0で終了。日本が初戦を制した。

酒井宏樹がロシアW杯への思いを語る「僕らはチャレンジャーなので…」

マルセイユのDF酒井宏樹が、日本代表やロシア・ワールドカップへの思いを語っている。クラブ公式ツイッターが伝えた。

酒井は11日に控えるトゥールーズ戦を前に酒井は記者会見に出席。シーズン終了後にはワールドカップを控えるということで、質問も飛んだが、「個人としてはめぐり合わせで、ケガしているときや試合に出れていないときもあるので、まず第一はクラブですし、終わった後に代表のことを考えたい」とマルセイユでのプレーに集中していることを明かした。

さらに、ワールドカップへの取り組み方については「僕らはフランス代表とは違い、チャレンジャーなので、相手をリスペクトして、相手に挑んでいくように戦って成功できればと思っています。やるからには最高の結果を望んでいます」と力強く語った。

また、会見ではいつフランス語で受け答えするようになるのかと質問が飛び、酒井は「100%自分の言葉が理解されることが大事なので」と笑顔を見せながら、やんわりと“拒否”。チームメイトとの相互理解についても「みんなちゃんと聞いてくれるし、わかんなかったら英語で聞いてくれるのでそこは問題ないですね」と説明した。