2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むブラジル代表23名を発表した

ブラジルサッカー連盟は14日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むブラジル代表23名を発表した

 ブラジル代表を率いるチッチ監督は2月、ブラジルメディア『UOL Esporte』のインタビューで招集メンバー15名を公言済み。ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)やフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)といった“当確”メンバーが順当に名を連ねた。なお、内定済みのダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン/フランス)は右ひざの負傷により選外に。右サイドバックにはダニーロ(マンチェスター・C/イングランド)とファグネル(コリンチャンス)が招集された。

 ブラジルは本大会でグループEに入っており、スイス代表、コスタリカ代表、セルビア代表と対戦する。

 招集メンバー23名は以下の通り。

▼GK
アリソン(ローマ/イタリア)
エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)
カッシオ(コリンチャンス)

▼DF
ダニーロ(マンチェスター・C/イングランド)
ファグネル(コリンチャンス)
マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/フランス)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ミランダ(インテル/イタリア)
ペドロ・ジェロメウ(グレミオ)

▼MF
カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
パウリーニョ(バルセロナ/スペイン)
フレッジ(シャフタール/ウクライナ)
レナト・アウグスト(北京国安/中国)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)

▼FW
ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)
タイソン(シャフタール/ウクライナ)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)

ブラジル代表、W杯ユニフォームを発表!ホームは「1970」カラー

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

SAMURAI BLUE、初代表の中島選手の得点でマリとドロー

SAMURAI BLUE、初代表の中島選手の得点でマリとドロー

SAMURAI BLUE(日本代表)は3月23日(金)、ベルギーのリエージュにあるスタッド・モーリス・デユフランで行われた国際親善試合でマリ代表と対戦。途中出場で代表デビューしたFW中島翔哉選手(ポルティモネンセSC)の終了間際の得点で、1-1で引き分けました。

今年6月に開幕するFIFAワールドカップロシアへ向けたチーム強化とメンバー選考を進めている日本は、グループステージで対戦するセネガルを想定したマリとの手合せで、新たな選手や組み合わせなどをチェックしました。

この日30歳の誕生日を迎えて代表初キャップ獲得のDF宇賀神友弥選手(浦和レッズ)を右サイドバック、センターバックにDF昌子源選手(鹿島アントラーズ)とDF槙野智章選手(浦和レッズ)を組ませ、昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権で代表デビューしたGK中村航輔選手(柏レイソル)を先発に起用。攻撃陣には所属クラブで好調のMF森岡亮太選手(RSCアンデルレヒト)とFW宇佐美貴史選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)をそれぞれトップ下と左ウィングに置き、右ウィングにはFW久保裕也選手(KAAヘント)、1トップにFW大迫勇也選手を配しました。

前半、日本は守備ラインを高くキープして攻め、MF大島僚太選手(川崎フロンターレ)とMF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)が中盤でよくボールをさばき、宇佐美選手と久保選手の両翼と絡んで得点チャンスを作り出します。

11分には宇佐美選手の相手守備ライン裏へのクロスに久保選手が走り込んで右足でゴールを狙いますが、シュートはポスト外へ流れます。23分には宇賀神選手のクロスをクリアした相手DFのボールを久保選手が拾ってパスを出すと、これを受けた大島選手が右足でシュート。さらに25分には宇佐美選手のCKに久保選手がヘディングで狙いますが、いずれも相手に阻まれました。

ところがその後、大島選手が足を痛め、35分にMF山口蛍選手(セレッソ大阪)との交代を余儀なくされます。

マリは、3位に入った2015年のFIFA U-20ワールドカップのメンバーらを先発に4人加えた若手中心のチームで、細かいパスをつなぐサッカーで日本の守備陣の間のスペースを狙って攻めると、42分にはFWムッサ・ジェネポ選手が宇賀神選手に倒されてPKを獲得。これをFWアブドゥライ・ディアビ選手が決めて、前半を1-0リードで折り返しました。

日本は後半から、宇賀神選手に変えてDF酒井高徳選手を投入。60分には宇佐美選手に代えて中島選手、長谷部選手に代えてMF三竿健斗選手(鹿島アントラーズ)を送り出し、その5分後には森岡選手に代えてFW小林悠選手(川崎フロンターレ)、70分には久保選手に代えてFW本田圭佑選手(CFパチューカ)を交代で起用。しかし、なかなか効果的な攻撃を作り出せません。

それでも85分には、中島選手がドリブルで仕掛けます。そして後半アディショナルタイムに同点にします。小林選手のシュートを相手DFがクリア。それを拾った三竿選手が右からクロスを入れると、ファーサイドに顔を出した中島選手が左足で合わせてゴールネットを揺らしました。

日本は3月27日(火)に同じ会場で行われるキリンチャレンジカップ2018 in EUROPEでウクライナ代表と対戦します。

監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
同点に追いついたのはチームが諦めなかったということなので、ポジティブに捉えることができます。さらに得点を獲れる機会は5、6回ありました。相手はPKを得ましたが、PKを与えたのは少し未熟なプレーでした。選手は最後までオーガナイズを保ったまましっかりやってくれましたが。

まだまだやるべきことがたくさんある、それもかなりたくさんあると感じました。全てにおいてです。今日は多くの選手をテストしましたが、まだ分析したくありません。多くの選手にチャンスを与えて解決策を探している段階です。情報はたくさん得ましたが、ポジティブなものばかりではありませんでした。トレーニングを続けるしかありません。私が望んでいるワールドカップのチームにはほど遠く、ワールドカップはまだまだ遠いと感じました。セネガルの方がマリよりもずっと強いです。日本人はアフリカ勢と対戦するとデュエルが難しいことが分かりました。より速く強く対応しなければ、相手の方が上回ってしまいます。まだアフリカチームと対戦する機会があるので、そこでさらにテストしていきたいと思っています。

DF #5 長友佑都 選手(ガラタサライ)
今日の試合ではワールドカップで勝つのは厳しいですね。(対戦する)セネガル、コロンビア、ポーランドは全てのレベルが違うので、ここで苦戦していると、ワールドカップでは本当に厳しい結果になるのではないかと思います。攻撃の組み立てが単調になり過ぎて、後半は相手が守りやすい状態を自分たちで作ってしまっていました。ポジションチェンジや工夫が必要です。ワールドカップでは相手のレベルが違うので、試合中に修正できなければ厳しいです。今日出た課題をチームで修正すべきだと感じました。

MF #26 三竿健斗 選手(鹿島アントラーズ)
得点場面は中島選手のことは見えてはいなかったのですが、誰かしらがいるというイメージで蹴りました。自分にできることをやろうとしたのですが、球際は足りなかったと思います。アフリカの選手はドリブルのリズムが全然違って、途中から慣れてプレーできるようになりましたが、本大会はレベルが違います。このままでは何も通用しません。もっとレベルを上げていかなければならないと感じました。

FW #18 中島翔哉 選手(ポルティモネンセSC)
(ゴール場面で)あそこの位置に入って行くのは、自分もポルトガルでやっている中でも思っていたことなので、ここに来て成長というか、進歩した部分です。ただ、続けなければなりません。監督からはどんどん前に行ってドリブルでもパスでも仕掛けろと言われていたので、なるべくボールを受けて、監督の求めることをやりつつ、状況を見ながらプレーできればと考えていました。初めての代表戦でしたが、相手も上手い部分がかなりあったので、面白かったです。これからもっといろいろな部分で良くなると思います。

モハメド・マガッスバ マリ代表監督
今日の試合は我々にとって非常に難しい試合でした。このチームでは相手を欺くようなプレーをするのは難しく、日本はフィジカルでもとても強かったので、勝てる試合だったとは思いますが、これもフットボールです。日本に最後の最後に同点にされましたが、日本のような素晴らしいチームとの引き分けで、誇れる結果です。

スケジュール

3月19日(月) PM トレーニング
3月20日(火) PM トレーニング
3月21日(水) PM トレーニング
3月22日(木) PM 公式練習
3月23日(金) 1-1 国際親善試合 vs マリ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)
3月24日(土) AM トレーニング
3月25日(日) PM トレーニング
3月26日(月) PM 公式練習
3月27日(火) 14:20 キリンチャレンジカップ 2018 in EUROPE
vs ウクライナ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合

SAMURAI BLUE vs マリ代表
2018/3/23(金) 現地時間 13:20 (日本時間 21:20) キックオフ(予定)
ベルギー/スタッド・モーリス・デュフラン
テレビ朝日系列にて全国生放送

 

森保体制のU-21日本代表が完敗、相手は「U-19代表」だった

日本時間22日、パラグアイの首都アスンシオンで「南米・日本U-21サッカー交流大会」が開幕。南米遠征中のU-21日本代表はチリと対戦したが、0-2で敗れた。

今回の遠征は東京五輪を控える中、外務省が支援する「スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム」という国際交流の一環で、大会には日本のほかにチリ、ベネズエラ、パラグアイが参加している。

U-21日本代表は中山雄太(柏レイソル)、初瀬亮(ガンバ大阪)、三好康児(北海道コンサドーレ札幌)など、J1での出場経験も豊富な選手が先発。しかし75分に先制を許すと、同アディショナルタイムにはオウンゴールで突き放された。

ちなみに大会は「U-21」となっているが、相手のチリは全員が1999年以降に生まれたU-19代表。日本からすると下の世代になる。

日本は2016年のトゥーロン国際大会でもリオ五輪を控えるU-23代表がU-20パラグアイ代表に敗れており、南米勢との相性の悪さがここでも露呈してしまった形だ。

日本は23日にベネズエラ、25日にパラグアイと対戦する予定となっている。

 

 

E-1サッカー選手権が12月に日本で開催…ハリル「W杯メンバーに残る選手を見極める」

東アジアサッカー連盟(EAFF)は25日、12月に日本で開催されるEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(旧EAFF 東アジアカップ)の大会概要を発表した。都内で行われた記者会見に、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督、なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督らが出席した。

2003年から開催されてきた同大会。これまでEAFF東アジアカップとして親しまれてきた大会名称が、今大会から「EAFF E-1サッカー選手権」に変更された。男子大会には東アジアの強豪国である日本代表、韓国代表、中国代表の3カ国に加え、2次予選を勝ち上がった朝鮮民主主義人民共和国代表が出場する。また、女子大会は日本、北朝鮮、中国に加え、2次予選を通過した韓国が出場する。

日本代表は2015年に行われた中国大会で、2分け1敗の最下位に終わった。ハリルホジッチ監督は「前回は準備期間が1日ほどしかなく、初戦は選手たちが疲労していて難しかった」と不本意な結果に終わった大会を回想。「今回は1週間の準備期間があるので、しっかりと準備して全ての試合に勝利したい」と今大会への意気込みを語った。

E-1サッカー選手権は国際Aマッチデーではない期間に開催されるため、日本の出場メンバーは国内組中心になることが予想される。国内組にとっては、FIFAワールドカップ2018 ロシアに臨む23名の枠を勝ち取るためにも、絶好のアピールの場になる模様だ。ハリルホジッチ監督も今大会を「国内組を試す良い機会」と位置づけ、目標として「(大会に)勝つこと」「最後(W杯本大会メンバー)に残るだろう選手の見極め」の二点を挙げた。

また、なでしこジャパンの高倉監督は出場する4カ国について「東アジアの4チームは、世界の中でもレベルの高いチームが揃っており、決して簡単な大会ではない」とレベルが高いことを強調。中国、韓国、オーストラリアは2019 FIFA女子ワールドカップ フランス アジア予選も兼ねた2018 AFC女子アジアカップで対戦する可能性があるため、「必ず倒さなければいけない相手になります。新しい選手たちが自覚を持って戦えるのか楽しみ」とW杯予選を見据えた戦いになると予想した。

EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会は12月8日に女子が開幕、同9日に男子が開幕し、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)、男子は味の素スタジアムで開催される。日本代表は9日に朝鮮民主主義人民共和国、12日に中国、16日に韓国と対戦。なでしこジャパンは8日に韓国と、11日に中国、15日に朝鮮民主主義人民共和国と対戦する。

日本代表、井手口の劇的ゴールで北朝鮮を撃破!デビュー戦のGK中村が好セーブ連発/E-1選手権

■E-1第1戦 日本 1-0 北朝鮮

日本:井手口(90+4分)
北朝鮮:なし

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会の男子が9日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は第1戦で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦した。試合は日本が1-0で北朝鮮を下した。日本は12日に第2戦で中国代表と対戦する。

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に出場する日本。本大会開幕まで7カ月に迫った中、2017年の最終戦としてE-1選手権に臨む。東アジアの4カ国で行われる今大会には、日本、韓国、中国、北朝鮮が参加。国際Aマッチ期間ではないため、日本は国内組のみが参加する。これまで出場機会が多くなかった選手たちにとっては、W杯メンバー入りへのラストチャンスとなる大会だ。

日本の先発メンバーは、GK中村航輔、DF室屋成、昌子源、谷口彰悟、車屋紳太郎、MF今野泰幸、井手口陽介、小林悠、髙萩洋次郎、倉田秋、FW金崎夢生の11名となった。中村、室屋にとっては日本代表デビューとなった。また、北朝鮮のスタメンにはJリーグからMFリ・ヨンジ(李栄直/カマタマーレ讃岐)が名を連ね、アン・ビョンジュン(安柄俊/ロアッソ熊本)、キム・ソンギ(金聖基/FC町田ゼルビア)がベンチスタートとなった。

最初のチャンスは日本。15分、今野がスルーパスを送ると、金崎がヒールでフリックしたボールを左サイドの倉田が最終ラインの裏で受けた。倉田がGKと一対一となり右足でゴールネットを揺らしたが、ここはオフサイドの判定で得点は認められなかった。

なかなか決定機を生み出せない日本に対し、北朝鮮がセットプレーからチャンスを作る。25分、FKのセカンドボールを拾ったリ・ヨンジがミドルシュート。ゴール前のチョン・イルグァンがコースを変えるシュートを放ったが、ここはGK中村がなんとか防いだ。さらに27分にも中村が立て続けに好セーブを披露し、ピンチをしのいだ。日本はこのまま決定機を作れずに前半終了のホイッスルを迎えた。

後半に入ってもボールを保持する日本に対し、北朝鮮が少ない手数でゴールに迫る。53分、左サイドを突破したチョン・イルグァンがゴールライン際からクロスを上げる。ニアにパク・ミョンソンが飛び込んだが、ここは左ポストを直撃してゴールとはならなかった。

日本は56分に髙萩を下げて伊東純也を投入。伊東にとっては日本代表デビュー戦となった。

その後は北朝鮮の波状攻撃が続く。70分、パク・ミョンソンが車屋に競り勝ってボールを落とすと、チョン・イルグァンからリターンを受けてペナルティエリア内に進入。再びビッグチャンスを迎えたが、シュートはまさかの枠の上。失点を免れた。

日本は71分に金崎を下げて川又堅碁、81分には倉田を下げて阿部浩之を投入した。阿部もこの試合で日本代表デビューとなった。直後の83分、再び北朝鮮に決定機。チョン・イルグァンがハーフボレーでシュートを狙ったが、ここもGK中村がビッグセーブでしのいだ。

日本は後半アディショナルタイム1分に決定機。左サイドの車屋がクロスを上げると川又が頭で合わせたが、ここはGKリ・ミョングクに弾かれてしまう。

このまま終了かと思われた後半アディショナルタイム4分、カウンターから左サイドの川又がクロスを上げる。これを今野が頭で落とすと、走り込んだ井手口がボレーシュート。これがゴール中央に決まり、日本がラストワンプレーで先制に成功した。このまま試合は1-0で終了。日本が初戦を制した。

酒井宏樹がロシアW杯への思いを語る「僕らはチャレンジャーなので…」

マルセイユのDF酒井宏樹が、日本代表やロシア・ワールドカップへの思いを語っている。クラブ公式ツイッターが伝えた。

酒井は11日に控えるトゥールーズ戦を前に酒井は記者会見に出席。シーズン終了後にはワールドカップを控えるということで、質問も飛んだが、「個人としてはめぐり合わせで、ケガしているときや試合に出れていないときもあるので、まず第一はクラブですし、終わった後に代表のことを考えたい」とマルセイユでのプレーに集中していることを明かした。

さらに、ワールドカップへの取り組み方については「僕らはフランス代表とは違い、チャレンジャーなので、相手をリスペクトして、相手に挑んでいくように戦って成功できればと思っています。やるからには最高の結果を望んでいます」と力強く語った。

また、会見ではいつフランス語で受け答えするようになるのかと質問が飛び、酒井は「100%自分の言葉が理解されることが大事なので」と笑顔を見せながら、やんわりと“拒否”。チームメイトとの相互理解についても「みんなちゃんと聞いてくれるし、わかんなかったら英語で聞いてくれるのでそこは問題ないですね」と説明した。

2018FIFAワールドカップの日程・結果

目次

  • 1 2018FIFAワールドカップグループステージの日程
  • 2 2018ロシアW杯強豪チームの日程
  • 3 2018ロシアワールドカップ時間順
  • 4 2018FIFAワールドカップの開催地
  • 5 2018 FIFAワールドカップの決勝トーナメント

2018ロシアW杯組み合わせ抽選会もう終わりました。ロシアの首都モスクワにアルコンサートホール、クレムリンパレスで行われていました。出場32ヵ国を8チームずつ、4つのポットに分ける措置が取られます。強豪ばかりのグループ「死の組」や突破が確実視されるであろう「天国の組」が決定しました。
そこで、注目された日本代表はグループHに入りました。前回大会王者のドイツ代表はグループFに振り分けられました。日本代表はバイエルン・ミュンヘンのエースFWロベルト・レバンドフスキが主将を務めるホーランド代表や、2大会連続での対戦となるコロンビア代表が同居するグループに入った。またドイツ代表はメキシコ代表、スウェーデン代表、韓国代表と決勝トーナメント進出をかけて争います。
2018ロシアワールドカップ2018のグループ組み合わせはの各国日程、結果をお知らせいたします。

2018ロシアワールドカップ日本と同じグループの相手

2018FIFAワールドカップロシアのグループHのポーランド(6位)、セネガル(32位)、コロンビア(13位)の実力はどうでしょう。予選で唯一歴代優勝国が入っておらず「最弱グループ」と言われているようです。それでは、グループHでの日本の対戦相手の対戦成績を見てみましょう。
ホーランド(6位)3大会ぶりの7回目出場
コロンビア(13位)2大会連続6回目出場
セネガル(23位)4大会ぶり2回目出場

ホーランド(6位)

ポーランドは昨年の欧米選手権で8強に入り、その名もヨーロッパに知られるようにしました。欧州予選ではデンマークと同じグループで、8勝1分け1敗という素晴らしい結果で1位で勝ち抜きました。
ドイツブンデスリーガのバイエルンのエースFWレバンドフスキがいます。最も欧州での活躍した得点源です。もちろん脇を支える選手、モンチニスキ、グロシツキらもヨーロッパのクラブで活躍しているメンバーです。
日本代表にとって強敵ですね。

コロンビア(13位)

2014年ブラジルワールドカップのグループの組み合わせの対戦相手です。日本は1-4と惨敗しました。コロンビアのエース、ハメス・ロドリゲスは大会で6点を挙げて、W杯の得点王に輝いてます。日本は南米チームを最も苦手となり、これも厳しい相手です。
過去の対戦成績は、3試合1分2敗です。勝利を収める可能性もあります。

セネガル(23位)

2002年ワールドカップはフランスを撃破、8強に入り、当時にサッカー界で巻き起こした新たな記憶ですね。今回にも、リバプールに所属するFWサディオ・マネが注目の選手です。
その過去の対戦成績は、3試合1分2敗です。日本代表はグループリーグ突破するために勝つしかないと思います。

まとめ

2018FIFAワールドカップロシアのグループ組み合わせについて日本に所属するグループHの対戦相手についてまとめました。強豪チームだらけの参加国の中で、比較的に「最弱グループ」に分けられた日本代表は油断できない。日本代表にワールドカップ進出のビッグチャンスかもしれません。精一杯戦わなければなりません。

2018FIFAワールドカップグループステージの日程

グループA

番数
日時(日本時間)
対戦カード
1
2018/6/15(0:00)
ロシアロシア
VS
サウジアラビアサウジアラビア
2
2018/6/15(21:00)
エジプトエジプト
VS
ウルグアイウルグアイ
17
2018/6/20(3:00)
ロシア
VS
エジプト
18
2018/6/21(0:00)
ウルグアイ
VS
サウジアラビア
33
2018/6/25(23:00)
ウルグアイ
VS
ロシア
34
2018/6/25(23:00)
サウジアラビア
VS
エジプト

グループB

番数
日時(日本時間)
対戦カード
4
2018/6/16 (0:00)
モロッコ
VS
イラン
3
2018/6/16 (3:00)
ポルトガル
VS
スペイン
19
2018/6/20 (21:00)
ポルトガル
VS
モロッコ
20
2018/6/21 (3:00)
イラン
VS
スペイン
35
2018/6/26 (3:00)
イラン
VS
ポルトガル
36
2018/6/26 (3:00)
スペイン
VS
モロッコ

グループC

番数
日時(日本時間)
対戦カード
5
2018/6/16(19:00)
フランスフランス
VS
サウジアラビアオーストラリア
6
2018/6/17(1:00)
ペルー
VS
デンマーク
21
2018/6/22(0:00)
フランス
VS
ペルー
22
2018/6/21(21:00)
デンマーク
VS
オーストラリア
37
2018/6/26(23:00)
デンマーク
VS
フランス
38
2018/6/26(23:00)
オーストラリア
VS
ペルー

グループD

番数
日時(日本時間)
対戦カード
7
2018/6/16(22:00)
アルゼンチン
VS
アイスランド
8
2018/6/17 (4:00)
クロアチア
VS
ナイジェリア
23
2018/6/22 (3:00)
アルゼンチン
VS
クロアチア
24
2018/6/23 (0:00)
ナイジェリア
VS
アイスランド
39
2018/6/27 (3:00)
ナイジェリア
VS
アルゼンチン
40
2018/6/27 (3:00)
アイスランド
VS
クロアチア

グループE

番数
日時(日本時間)
対戦カード
10
2018/6/17(21:00)
コスタリカ
VS
セルビア
9
2018/6/18(3:00)
ブラジル
VS
スイス
25
2018/6/22(21:00)
ブラジル
VS
コスタリカ
26
2018/6/23(3:00)
セルビア
VS
スイス
41
2018/6/28(3:00)
セルビア
VS
ブラジル
42
2018/6/28(3:00)
スイス
VS
コスタリカ

グループF

番数
日時(日本時間)
対戦カード
11
2018/6/18(0:00)
ドイツ
VS
メキシコ
12
2018/6/18(21:00)
スウェーデン
VS
韓国
27
2018/6/24(3:00)
ドイツ
VS
スウェーデン
28
2018/6/24(0:00)
韓国
VS
メキシコ
43
2018/6/27(23:00)
韓国
VS
ドイツ
44
2018/6/27(23:00)
メキシコ
VS
スウェーデン

グループG

番数
日時(日本時間)
対戦カード
13
2018/6/19(0:00)
ベルギー
VS
パナマ
14
2018/6/19(3:00)
チュニジア
VS
イングランド
29
2018/6/23(21:00)
ベルギー
VS
チュニジア
30
2018/6/24(21:00)
イングランド
VS
パナマ
45
2018/6/29(3:00)
イングランド
VS
ベルギー
46
2018/6/29 (3:00)
パナマ
VS
チュニジア

グループH

番数
日時(日本時間)
対戦カード
15
2018/6/20 (0:00)
ポーランド
VS
セネガル
16
2018/6/19 (21:00)
コロンビア
VS
日本
32
2018/6/25 (0:00)
日本
VS
セネガル
31
2018/6/25 (3:00)
ポーランド
VS
コロンビア
47
2018/6/28 (23:00)
日本
VS
ポーランド
48
2018/6/28 (23:00)
セネガル
VS
コロンビア

2018ロシアW杯強豪チームの日程

ドイツ

番数 日時 対戦カード
11 6月18日(0:00) ドイツ VS メキシコ
27 6月24日(3:00) ドイツ VS スウェーデン
43 6月27日(23:00) 韓国 VS ドイツ

ブラジル

番数 日時 対戦カード
9 6月18日(3:00) ブラジル VS スイス
25 6月22日(21:00) ブラジル VS コスタリカ
41 6月28日(3:00) セルビア VS ブラジル

ポルトガル

番数 日時 対戦カード
3 6月16日(3:00) ポルトガル VS スペイン
19 6月20日(21:00) ポルトガル VS モロッコ
35 6月26日(3:00) イラン VS ポルトガル

アルゼンチン

番数 日時 対戦カード
7 6月16日(22:00) アルゼンチン VS アイスランド
23 6月22日(3:00) アルゼンチン VS クロアチア
39 6月27日(3:00) ナイジェリア VS アルゼンチン

ベルギー

番数 日時 対戦カード
13 6月19日(0:00) ベルギー VS パナマ
29 6月23日(21:00) ベルギー VS チュニジア
45 6月29日(3:00) イングランド VS ベルギー

スペイン

番数 日時 対戦カード
3 6月16日(3:00) ポルトガル VS スペイン
20 6月21日(3:00) イラン VS スペイン
36 6月26日(3:00) スペイン VS モロッコ

フランス

番数 日時 対戦カード
5 6月16日(19:00) フランス VS オーストラリア
21 6月22日(0:00) フランス VS ペルー
37 6月26日(23:00) デンマーク VS フランス

イングランド

番数 日時 対戦カード
14 6月19日(3:00) チュニジア VS イングランド
30 6月24日(21:00) イングランド VS パナマ
45 6月29日(3:00) イングランド VS ベルギー

2018ロシアワールドカップ時間順

グループステージ

番数 日時 対戦カード
1 6月15日(0:00) ロシア VS サウジアラビア
2 6月15日(21:00) エジプト VS ウルグアイ
4 6月16日(0:00) モロッコ VS イラン
3 6月16日(3:00) ポルトガル VS スペイン
5 6月16日(19:00) フランス VS オーストラリア
7 6月16日(22:00) アルゼンチン VS アイスランド
6 6月17日(1:00) ペルー VS デンマーク
8 6月17日(4:00) クロアチア VS ナイジェリア
10 6月17日(21:00) コスタリカ VS セルビア
11 6月18日(0:00) ドイツ VS メキシコ
9 6月18日(3:00) ブラジル VS スイス
12 6月18日(21:00) スウェーデン VS 韓国
13 6月19日(0:00) ベルギー VS パナマ
14 6月19日(3:00) チュニジア VS イングランド
16 6月19日(21:00) コロンビア VS 日本
15 6月20日(0:00) ポーランド VS セネガル
17 6月20日(3:00) ロシア VS エジプト
19 6月20日(21:00) ポルトガル VS モロッコ
18 6月21日(0:00) ウルグアイ VS サウジアラビア
20 6月21日(3:00) イラン VS スペイン
22 6月21日(21:00) デンマーク VS オーストラリア
21 6月22日(0:00) フランス VS ペルー
23 6月22日(3:00) アルゼンチン VS クロアチア
25 6月22日(21:00) ブラジル VS コスタリカ
24 6月23日(0:00) ナイジェリア VS アイスランド
26 6月23日(3:00) セルビア VS スイス
29 6月23日(21:00) ベルギー VS チュニジア
28 6月24日(0:00) 韓国 VS メキシコ
27 6月24日(3:00) ドイツ VS スウェーデン
30 6月24日(21:00) イングランド VS パナマ
32 6月25日(0:00) 日本 VS セネガル
31 6月25日(3:00) ポーランド VS コロンビア
33 6月25日(23:00) ウルグアイ VS ロシア
34 6月25日(23:00) サウジアラビア VS エジプト
36 6月26日(3:00) スペイン VS モロッコ
35 6月26日(3:00) イラン VS ポルトガル
37 6月26日(23:00) デンマーク VS フランス
38 6月26日(23:00) オーストラリア VS ペルー
40 6月27日(3:00) アイスランド VS クロアチア
39 6月27日(3:00) ナイジェリア VS アルゼンチン
43 6月27日(23:00) 韓国 VS ドイツ
44 6月27日(23:00) メキシコ VS スウェーデン
41 6月28日(3:00) セルビア VS ブラジル
42 6月28日(3:00) スイス VS コスタリカ
47 6月28日(23:00) 日本 VS ポーランド
48 6月28日(23:00) セネガル VS コロンビア
45 6月29日(3:00) イングランド VS ベルギー
46 6月29日(3:00) パナマ VS チュニジア

ベスト16

日時 対戦カード 開催地
6月30日(23:00) C組1位 VS D組2位 カザニ
7月1日(3:00) A組1位 VS B組2位 ソチ
7月1日(23:00) B組1位 VS A組2位 モスクワ
7月2日(3:00) D組1位 VS C組2位 ニジニーノブゴロド
7月2日(23:00) E組1位 VS F組2位 サマラ
7月3日(3:00) G組1位 VS H組2位 ロストフナドヌー
7月3日(23:00) F組1位 VS E組2位 サンクトペテルブルク
7月4日(3:00) H組1位 VS G組2位 モスクワ

準々決勝

日時 対戦カード 開催地
7月6日(23:00) No.49の勝者 VS No.50の勝者 ニジニーノブゴロド
7月7日(3:00) No.53の勝者 VS No.54の勝者 カザニ
7月7日(23:00) No.55の勝者 VS No.56の勝者 サマラ
7月8日(3:00) No.51の勝者 VS No.52の勝者 ソチ

準決勝

日時 対戦カード 開催地
7月11日(3:00) No.57の勝者 VS No.58の勝者 サンクトペテルブルク
7月12日(3:00) No.59の勝者 VS No.60の勝者 モスクワ

3位決定戦

日時 対戦カード 開催地
7月14日(23:00) No.61の敗者 VS No.62の敗者 サンクトペテルブルク

決勝

日時 対戦カード 開催地
7月16日(0:00) No.61の勝者 VS No.62の勝者 モスクワ

2018FIFAワールドカップの開催地

エカテリンブルク・アリーナ(エカテリンブルク)

番数 日時 対戦カード
2 6月15日(21:00) エジプト VS ウルグアイ
21 6月22日(0:00) フランス VS ペルー
32 6月25日(0:00) 日本 VS セネガル
44 6月27日(23:00) メキシコ VS スウェーデン

カリーニングラード・スタジアム(カリーニングラード)

番数 日時 対戦カード
8 6月17日(4:00) クロアチア VS ナイジェリア
26 6月23日(3:00) セルビア VS スイス
36 6月26日(3:00) スペイン VS モロッコ
45 6月29日(3:00) イングランド VS ベルギー

カザン・アリーナ(カザン)

番数 日時 対戦カード
5 6月16日(19:00) フランス VS オーストラリア
20 6月21日(3:00) イラン VS スペイン
31 6月25日(3:00) ポーランド VS コロンビア
43 6月27日(23:00) 韓国 VS ドイツ
50 6月30日(23:00) C組1位 VS D組2位
58 7月7日(3:00) No.53の勝者 VS No.54の勝者

ルジニキ・スタジアム(モスクワ)

番数 日時 対戦カード
1 6月15日(0:00) ロシア VS サウジアラビア
11 6月18日(0:00) ドイツ VS メキシコ
19 6月20日(21:00) ポルトガル VS モロッコ
37 6月26日(23:00) デンマーク VS フランス
51 7月1日(23:00) B組1位 VS A組2位
62 7月12日(3:00) No.59の勝者 VS No.60の勝者
64 7月16日(0:00) No.61の勝者 VS No.62の勝者

スパルタク・スタジアム(モスクワ)

番数 日時 対戦カード
7 6月16日(22:00) アルゼンチン VS アイスランド
15 6月20日(0:00) ポーランド VS セネガル
29 6月23日(21:00) ベルギー VS チュニジア
41 6月28日(3:00) セルビア VS ブラジル
56 7月4日(3:00) H組1位 VS G組2位

ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム(ニジニ・ノヴゴロド)

番数 日時 対戦カード
12 6月18日(21:00) スウェーデン VS 韓国
23 6月22日(3:00) アルゼンチン VS クロアチア
30 6月24日(21:00) イングランド VS パナマ
42 6月28日(3:00) スイス VS コスタリカ
52 7月2日(3:00) D組1位 VS C組2位
57 7月6日(23:00) No.49の勝者 VS No.50の勝者

ロストフ・アリーナ(ロストフ・ナ・ドヌ)

番数 日時 対戦カード
9 6月18日(3:00) ブラジル VS スイス
18 6月21日(0:00) ウルグアイ VS サウジアラビア
28 6月24日(0:00) 韓国 VS メキシコ
40 6月27日(3:00) アイスランド VS クロアチア
54 7月3日(3:00) G組1位 VS H組2位

サンクトペテルブルク・スタジアム(サンクトペテルブルク)

番数 日時 対戦カード
4 6月16日(0:00) モロッコ VS イラン
17 6月20日(3:00) ロシア VS エジプト
25 6月22日(21:00) ブラジル VS コスタリカ
39 6月27日(3:00) ナイジェリア VS アルゼンチン
55 7月3日(23:00) F組1位 VS E組2位
61 7月11日(3:00) No.57の勝者 VS No.58の勝者
63 7月14日(23:00) No.61の敗者 VS No.62の敗者

サマーラ・アリーナ(サマーラ)

番数 日時 対戦カード
10 6月17日(21:00) コスタリカ VS セルビア
22 6月21日(21:00) デンマーク VS オーストラリア
33 6月25日(23:00) ウルグアイ VS ロシア
48 6月28日(23:00) セネガル VS コロンビア
53 7月2日(23:00) E組1位 VS F組2位
60 7月7日(23:00) No.55の勝者 VS No.56の勝者

モルドヴィア・アリーナ(サランスク)

番数 日時 対戦カード
6 6月17日(1:00) ペルー VS デンマーク
16 6月19日(21:00) コロンビア VS 日本
35 6月26日(3:00) イラン VS ポルトガル
46 6月29日(3:00) パナマ VS チュニジア

フィシュト・スタジアム(ソチ)

番数 日時 対戦カード
3 6月16日(3:00) ポルトガル VS スペイン
13 6月19日(0:00) ベルギー VS パナマ
27 6月24日(3:00) ドイツ VS スウェーデン
38 6月26日(23:00) オーストラリア VS ペルー
49 7月1日(3:00) A組1位 VS B組2位
59 7月8日(3:00) No.51の勝者 VS No.52の勝者

ヴォルゴグラード・アリーナ(ヴォルゴグラード)

番数 日時 対戦カード
14 6月19日(3:00) チュニジア VS イングランド
24 6月23日(0:00) ナイジェリア VS アイスランド
34 6月25日(23:00) サウジアラビア VS エジプト
47 6月28日(23:00) 日本 VS ポーランド

2018 FIFAワールドカップの決勝トーナメント

ラウンド16(6月30日~7月3日)

番数 日時 対戦カード スタジアム
50 6月30日(23:00) グループC 1位 VS グループD 2位 カザンアリーナ
49 7月1日(3:00) グループA 1位 VS グループB 2位 フィシュトスタジアム
51 7月1日(23:00) グループB 1位 VS グループA 2位 ルジニキスタジアム
52 7月2日(3:00) グループD 1位 VS グループC 2位 ニジニ・ノヴゴロドスタジアム
53 7月2日(23:00) グループE 1位 VS グループF 2位 サマーラアリーナ
54 7月3日(3:00) グループG 1位 VS グループH 2位 ロストフアリーナ
55 7月3日(23:00) グループF 1位 VS グループE 2位 サンクトペテルブルクスタジアム
56 7月4日(3:00) グループH 1位 VS グループG 2位 スパルタクスタジアム

準々決勝(7月6日~7月7日)

番数 日時 対戦カード スタジアム
57 7月6日(23:00) No.49の勝者 VS No.50の勝者 ニジニ・ノヴゴロドスタジアム
58 7月7日(3:00) No.53の勝者 VS No.54の勝者 カザンアリーナ
60 7月7日(23:00) No.55の勝者 VS No.56の勝者 サマーラアリーナ
59 7月8日(3:00) No.51の勝者 VS No.52の勝者 フィシュトスタジアム

準決勝(7月10日~7月11日)

番数 日時 対戦カード スタジアム
61 7月11日(3:00) No.57の勝者 VS No.58の勝者 サンクトペテルブルクスタジアム
62 7月12日(3:00) No.59の勝者 VS No.60の勝者 ルジニキスタジアム

3位決定戦(7月14日)

番数 日時 対戦カード スタジアム
63 7月14日(23:00) No.61の敗者 VS No.62の敗者 サンクトペテルブルクスタジアム

決勝戦(7月15日)

番数 日時 対戦カード スタジアム
64 7月16日(0:00) No.61の勝者 VS No.62の勝者 ルジニキスタジアム

 

2018年に開催される世界の主なサッカーコンペティションまとめ

2018年にはどんなコンペティションが開催されるのだろうか?

今回は、2018年に開催予定である国際大会の中でも特に日本のファンの関心が高そうなものをまとめてみよう。

1. AFC U-23選手権 2018

開催国:中国
開催期間:1月9日(火)から1月27日(土)
出場国数:16

※日本代表が出場予定。グループステージでは北朝鮮、タイ、パレスチナと同組(日本は前回優勝)

2. UEFA U-17選手権 2018

開催国:イングランド
開催期間:5月4日(金)から5月20日(日)
出場国数:16

3. FIFAワールドカップ 2018

開催国:ロシア
開催期間:6月14日(木)から7月15日(日)
出場国数:32

※日本代表が出場。グループステージではコロンビア、セネガル、ポーランドと同組(日本は前回グループステージ敗退)

4. UEFA U-19選手権 2018

開催国:フィンランド
開催期間:7月16日(月)から29日(日)
出場国数:8

※上位5チームが2019年U-20ワールドカップに出場

5. 2018 FIFA 女子U-20ワールドカップ

開催国:フランス
開催期間:8月5日(日)から8月24日(金)
出場国数:16

※日本代表が出場(日本は前回3位)

6. 2018年アジア競技大会

開催国:インドネシア
開催期間:8月18日(土)から9月2日(日)

※男女ともに日本代表が出場(日本は前回男子がベスト8、女子が準優勝)

7. AFC U-16選手権 2018

開催国:マレーシア
開催期間:9月20日(木)から10月7日(日)
出場国数:16

※日本が出場予定(日本は前回ベスト4)。上位4チームが2019年U-17ワールドカップに出場

8. AFC U-19選手権 2018

開催国:インドネシア
開催期間:10月18日(木)から11月4日(日)
出場国数:16

※日本が出場予定(日本は前回優勝)

9. 2018 FIFA 女子U-17ワールドカップ

開催国:ウルグアイ
開催期間:11月13日(火)から12月1日(土)
出場国数:16

※日本が出場予定(日本は前回準優勝)

騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください